新宿 睡眠・呼吸器内科クリニック

認定医療機関

日本睡眠学会

お気軽にお問い合わせください 03-5909-5588
予約受付はこちら
Adobe Flash Player を取得

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の専門医が診療を担当開く

睡眠時無呼吸症候群とは、大きないびきとともに、睡眠中に何度も呼吸が止まる病気です。
医学的な定義では、10秒以上呼吸が止まる「無呼吸」や、呼吸が弱くなる「低呼吸」が、1時間あたり5回以上繰り返される状態をいいます。
日本での潜在的な患者数は約200万人以上と推定されてますが、実際に治療している人は、その1割程度です。睡眠中に起こる為、自分では気づきにくいということが原因と考えられます。
重量化したまま放置していると、命に関わることもあります。心筋梗塞や脳梗塞などを発症して死亡するリスクが、健康な人の約3倍になるというデータもあるのです。

宿泊による精度の高い睡眠検査が可能開く

当院では、宿泊による睡眠検査を行うことができます。
睡眠中の状態を監視し、睡眠時の呼吸状態を確認することで、正確な診断が可能です。
また、翌朝6〜7時に検査終了、そのまま出勤できますので、お仕事を休むことなく検査が可能です。

睡眠モニタリングルームにより、睡眠と呼吸の状態を確認しています
検査室には、快適にお過ごし頂けるようにいつも清潔にしています
シャワールームを完備しています

呼吸器内科の専門医が常駐している開く

呼吸器診療の認定専門医が、長引くせき、気管支喘息、かぜ症候群、急性気管支炎、肺炎、COPDなどの診断・治療を行っています。また、喫煙は気管支喘息、COPD、肺がんなどの呼吸器疾患に深く関係し、喉頭がん、咽頭がんや動脈硬化、心筋梗塞、糖尿病などの病気にも関与しています。当クリニックでは保険診療で禁煙外来を行い、予防・診療に役立てています。