新宿 睡眠・呼吸器内科クリニック

認定医療機関

日本睡眠学会

お気軽にお問い合わせください 03-5909-5588
予約受付はこちら
2021年05月10日(月)
「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」は痩せている人にも多いです。

新型コロナウイルス感染症の影響もあり、働き方が多様化する中で、                                                        在宅勤務を取り入れてお仕事をされている方も多いのではないでしょうか。                                                     その中で、「集中力が続かない」「ぼぉーとしてしまい、倦怠感がある」、                                                    「1人でいる事で眠くなる事が多い」といった悩みを持たれていませんか?                                                     また、ご家族と一緒にいる時間が増えて、「いびきが煩い」「寝ている最中に                                                   苦しそうな呼吸をしている」といった話しをされた事はありませんか?

もしかしたら、「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」が関係しているかも知れません。                                                    さらに、「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」は太っている人だけの問題ではないのです。
肥満以外にも、「下顎が小さい」・「扁桃腺が大きい」など顔の形態や、
口の中の問題なども原因となるため、「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」は痩せている人にも多いのです。

ぜひ下記のURLへアクセスして【睡眠時無呼吸症候群 簡易チェック】を行ってみて、                                                ご自身の睡眠の状態を確認してみて下さい。                                                                http://www.shinjuku-sleep.jp/simple 無呼吸簡易チェック

自宅で簡単に行える検査もありますので、まずはお気軽にご相談下さい。                                                         または直接Web予約も可能です。                                                                         03-5909ー5588                                                                          新宿 睡眠・呼吸器内科クリニック Web予約受付 (doctorqube.com)                                                                                          

» 次の記事: